クレアール

■テキストについて
多岐に渡る範囲の知識を問われる行政書士試験では、合格を目指す上で「いかに効率良く、合格ラインをクリアできるか」が非常に重要となります。
クレアールの行政書士通信講座では、学習の範囲をあくまで【合格必要得点範囲】に絞り込むことで、徹底的に効率が重視されたカリキュラムが提供されます。
テキストについては、「集中合格安全圏となる7割(210点)の得点」のコンセプトの元、正答率40%台までの問題に集中する、得点しやすい「行政法」にウエイトを置く、反復重点科目(得点すべき科目)の反復学習ができるような内容に。
分かりやすさはもちろんのこと、効率の良い得点を目指すための構成が徹底されています。

■講義について
テキスト同様、提供される映像講義にも、「効率」への配慮が随所に散りばめられています。
「何度でも視聴可能なので聞き逃しや理解不足がない」「スキマ時間でも受講可能」といった一般的な映像講義のメリットに加え、「画面をフル活用することで視覚的な理解からポイントを習得する」「板書の必要をなくして講義に集中させる」「倍速機能をつけ、時間短縮を可能にする」等、クレアールの行政書士講座ならではの工夫が盛り込まれています。

■サポートについて
クレアールの行政書士講座のサポート体制として挙げられるのが、「回数無制限の質問応対サービス」や「本試験願書送付サービス」です。
学習や受験に役立つ最小限のフォローがされるような印象ではありますが、肝心なモチベーションアップのためのサポートが用意されていない点に、若干の心もとなさが感じられます。

■受講料について
受講するコースにより異なりますが、初学者対象コースで210,000円となっており、最近の行政書士通信講座の中では高額です。
ただし、申込み時期に応じた割引があるので、なるべく早期の受講がオススメです。

>>大栄の特徴