行政書士の通信教育や通学教育の合格率はなぜ書かれない? 

行政書士の通信教育(この件は通学教育もあてはまりますが)を選ぶとき、なかなか決めきれなくて悩む人がたくさんいます。今は、情報が手に入りやすい時代ですが、情報が膨大すぎることで、かえって決められなくなってしまうことが往々にしてあるのでしょう。

「決め手がなくて選べない」そんな嘆きもよく聞こえてきますが、そういえば決め手になりそうな情報といえば、どんなことが思い浮かぶでしょうか? 
たとえば、その講座の受講者の合格率がわかったら、ありがたいと思ったことはないでしょうか? 

しかし行政書士の通信教育・通学教育に共通して、受講生の合格率は通常どこにも記載されていません。だからこそ、「合格率を比べて選んだ」といった体験談が聞こえてこないのでしょう。

受講生に対して、合格発表後に「合格したか?」「不合格に終わったか?」を質問するアンケートをやっていない通信教育はけっこうあることになります。
もっとも、それくらいのアンケート調査は決して難しいことではありませんし、やっているところは相当数あるものと推定されています。

それでは、どうして合格率を発表しているところがそんなにも見当たらないのでしょうか。これについて、鮮明な答えは出ていません。しかし、行政書士の通信教育がとても増えてしまった今、「受講生の合格率がなかなか上昇しない」という講座があちこちにあることは、否定しがたい事実でしょう。

以上のことからわかることがひとつあります。それは、もし合格率を堂々と公開している行政書士の通信教育があったら、そこはとても実績と自負を持っているところだということですね。

>>通信を使うと田舎でもチャンスがある