行政書士 通信教育の講座比較

ここでは、通信教育の選び方のポイントを元に各通信教育を比較してみます。

■講義が視聴出来る

        
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャンエル・エー
×

<感想>
ユーキャン以外の通信教育は講義を視聴することが出来ます。
学習の基本は、講義を視聴し、テキストで確認しながらですので、
講義は通信教育で絶対に必要です。


■通信教育専用に収録してある講義である事

       
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャンエル・エー
× ××

<感想>
映像で見る講義は臨場感がなければ、
学習を長続きさせることができず、学習効果もいまいちです。
そして、臨場感を出すために必要なのは、
通信教育を専用に撮影していることです。


■ハイビジョン撮影している講義である事

       
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャンエル・エー
× × ×× ×

<感想>
ハイビジョン撮影していることで映像に迫力が出て、
その結果学習効果が高い勉強が出来ます。
ただ、実際にハイビジョン撮影するとなると、
専用のスタジオやプロのカメラマンなど軽費がかかるための、
ほとんどの学校はあまりやりません。
しかし、少しでも行政書士の合格の可能性を上げるためには、
ハイビジョン講義は必須です。


■テキストはフルカラーである事

       
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャンエル・エー
× × ×× ×

<感想>
ここもハイビジョン撮影と同じ理由で、フルカラーにすることで、軽費がかかり、
他の通信教育はあまり実施していません。
ただ、テキストがフルカラーになることで、記憶に残りやすく、
重要事項の判別もわかりやすくなります。
さらに、白黒のテキストのように無味乾燥ではないので、学習意欲も高くなります。


■質問に対応してくれる事

       
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャンエル・エー

<感想>
通信教育で質問に対応してくれないところはないと思いますので、
全ての通信教育が対応してくれます。


■e-ランニングの学習システムがあること

    
フォーサイト LEC TAC 大原ユーキャン エル・エー
× × ×× ×

<感想>
何処までがe-ランニングと言えるか微妙ですが、学習機能がついているという意味では、
フォーサイトだけが対応していると思います。
フォーサイトは、インターネット上で確認テストが出来ますし、
他の受講生と点数を競い合うシステムもついています。 もちろん、講義も視聴できます。