行政書士は過去問主義

これは行政書士に限らず、多くの国家資格に言えることですが、
学習の基本は過去問です。

極端に言ってしまうと、過去問を攻略することが出来れば、
他の試験が疎かでも行政書士に合格できてしまいます。

ご存知の方もいると思いますが、行政書士の試験は過去問をベースに作られています。
もっと言えば、本試験の問題は、過去問の出題範囲やレベルとほとんど変わらないのです。
つまり、類似問題ばかりが出題されるということです。

ということは、過去問の学習を重点的に学習すれば、
自然と行政書士に合格できる力が付いてくることになります。

ですから、皆さんは、どれだけ過去問の学習に時間を使えるかが勝負になるのです。

しかし、実際は言うほど簡単ではありません。

過去問は、基礎知識の応用的な問題なので、各知識を深く理解していなくては解けません。
というよりも、ほとんどの方は基礎知識の段階で挫折していくのです。

そして、挫折する理由もあります。
そもそも本気で行政書士に合格したいと思っていない方は別として、
テキストの文章だけで理解しようとするからわからなくなります。

ほとんどの方は、学生時代から学校の教師や塾の講師の講義を聞きながら、学習してきたので、
いきなりテキストだけで理解しようとすること自体無理があります。

しかし、ここにいる皆さんは、
通信教育を受講して学習すると思うので、
その辺の心配はないと思います。
後は、講義の付いている通信教育を受講するのと、
過去問の学習に時間を使う
ことを意識していれば問題ありません。

>>主婦でも合格可能?