行政書士の難易度とその実態!

行政書士の勉強をはじめる上で理解してほしいのが、難易度です。
この行政書士の難易度を正確に把握しなければ、正しい勉強をすることが出来ず、
挫折してしまいます。

ですので、質の高い通信教育を選ぶ事も重要ですが、試験の難易度もそれと同じくらい重要です。

まずは、行政書士の合格率を見て下さい。

平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%
平成26年度 8.27%
平成27年度 13.12%

ご覧の通り、直近で若干合格率が高い年があったものの、
例年の合格率は毎年1桁台なので、難易度の高さがわかると思います。
そして、学習する内容は、王道的な法律ですので、
苦い手としている人も多いはずです。
つまり、行政書士の難易度は普通に勉強したら、非常に難しい試験なのです。
まずは、そのことを理解して下さい。

しかし、それはあくまでも普通に勉強したらの話です。
結局のところ、行政書士の合格率がここまで低いのは、そこまで真剣に試験対策をしていなからです。

行政書士に限らず資格試験というのは、自主的に行うものなので強制力がありません。
そのため、少しでも勉強が嫌になったり、難しくてわからなかったりすれば、
すぐに諦めて挫折してしまいます。

しかも、ほとんどの方は社会人なので、仕事終わりの疲れた体で勉強するので、
余計にその傾向が強くなります。
その上非効率な独学で勉強しています。
それで合格できるはずがないのです。
つまり、行政書士の試験は受験者のレベルが高くないので、ここまで合格率が低いのです。

しかし、このサイトに訪れた皆さんは、質の良い通信教育を受講して、効果的な勉強をしていこうとしています。
それだけでも、多くの受験者よりも合格の可能性が高くなります。
後は、あなたが最後まで諦めず勉強ができれば、1発合格も決して不可能ではありません。

行政書士に合格するための秘訣は、
良い教材と効率的なカリキュラム(良い通信教育を受講する)でしっかりと勉強することです。
当たり前の事ですが、それが出来ないので、多くの方は不合格になるのです。

>>行政書士は過去問主義