プロカレッジ

■テキストについて
最近の行政書士通信講座といえば、テキストがカラー刷りだったり、イラストや図表が多用されていたりする講座がほとんどであると言えます。
そんな中、プロカレッジで提供される行政書士試験対策テキストは、「モノクロ」「文字が多め」の若干退屈なイメージ。
ゼロから学ぶ初学者には少々とっつきにくい感があります。
内容としては、出題ポイントを押さえた無駄のない構成になっており、必ずしも「分かりにくい」とは言い難いのですが、楽しく学習を続けていく上ではもう少し、見た目の分かりやすさに配慮されている方が良いのではないかと感じます。

■講義について
プロカレッジの行政書士通信講座では、今時珍しく講義の提供はありません。
よって、受講生はテキストのみで学習を進めていく必要があり、インプットの効率を考慮すれば不安感は拭えません。
講義が提供されない分、ミニテストや肢別問題集、総合答練、予想答練、模擬試験と、アウトプットを通じて知識の定着が図られるカリキュラムになっています。
また、公式ホームページでは、専任講師による「効率的な学習方法」の解説が掲載されているので、受講を検討されている方は一読されてみることをお勧めします。

■サポートについて
講座案内には積極的な受講生サポートについての言及がありませんが、添削指導に力が入れられているようです。
また、定期的に送られてくる情報誌「NEWS LETTER」には、講座を軸とした「学習計画の立て方」を始め、試験情報としては「試験の傾向」、テキストに記載の無い「学習ポイント」や「理解度テスト」、「試験直前のチェックポイント」等の学習フォローの提供も行われています

■受講料について
受講料はフルセットで54,770円(2016年1月現在)。
行政書士通信講座の中では安価ですが、やはり講義提供がない分、妥当なラインであるといった印象です。

>>行政書士 通信教育ランキング