TACの行政書士講座の特徴

■テキストについて
TACのテキストの内容の充実ぶりは、他を圧倒していると思います。
基本テキストはもちろんのこと、応用的な上級者向けのテキストや
重要なポイントをまとめたポイント集などもあります。
そのため、もれなく知識が身に付くので、確実に力が付いてきます。
しかし、その一方で全てを消化することができず、挫折する可能性が高くなります。
試験に合格するために、
そこまで知識を覚える必要がないことまで学習するので、
勉強時間も物凄く必要になります
また、テキストが白黒なのも気になるところです。

■講義について
TACの講義は、教室講義にカメラを設置した撮影ですので、
臨場感や映像の迫力はありません。
どうしてもリアルの講義をそのまま撮影するものは、
その場で講義を視聴している感じにはならず、理解度が軽減されてしまいます。

■サポートについて
質問対応や自習室の無料開放、無料セミナーなどのサポートがあります。
もちろん、最新の行政書士の情報や法改正の情報なども提供してくれます。

■受講料について
TACは通学がベースなので受講料もそれにあわせることになります。
受講料の目安としては、大体20万円と考えて下さい。

>>大原の特徴