行政書士の通信教育のおかげでどこにいても合格は狙えます

行政書士の通信教育は、ひとりでも多くの希望者に、行政書士の受験勉強をする機会を提供するために考案されたもので、年々その中身は質が向上しています。

通信教育という形式は、従来はあまり重視されてきませんでした。受験勉強といえば、塾や予備校のように先生がいる場所に出かけて、教えてもらうという方法が主流でしたし、それ比べると数段スケールが下がるようなイメージも出来上がっていたようです。

しかし通信教育と比べ、学校という施設には大きな限界があります。それは、そう簡単に設立できないことです。

実際問題、行政書士のクラスを持っている学校の経営は、全体として昨今は順調ではないことが多いといわれています。学校は維持するだけでも尋常でないくらいコストや手間が必要ですが、そのためには受講者が絶えず集まらないといけないという厳しい制約がかかります。

この点は特に、都心と地方で顕著な格差を引き起こしています。東京・大阪・名古屋といった都心部では、学校はあちこちに建てられていますから探すのは簡単になります。しかし地方在住者にとってはそうはいきません。片道だけでも何時間もかかる……といった按配でも、実は恵まれているほうでしょう。

こういった地方と都会の重大なギャップは、残念な真実ですがそう簡単には解消できませんね。だからこそ、通信教育の出番が増えているともいえます。人口が過疎化しているような片田舎でも、行政書士になるための本格的な受験勉強は可能な時代になってきたのです。

>>田舎で開業しても成功はつかめる