失敗しない通信教育選び

まず、行政書士の通信教育は、どのような基準で選ぶべきなのか、 そのポイントを紹介します。

それでは下記をご覧下さい。

★講義が視聴出来る事(DVD、パソコンなど)
通信教育は、学校と同じなので、講義が視聴できなければいけません。
ただし、講義を聴くだけではなく、講師の顔を見ながら視聴できることが重要です。
良くCDの音声だけ聴ける講義がありますが、 それだと中々頭の中に入らず、
学習効果が落ちてしまいます。

対して、DVDやパソコンで、講師の顔を見ながら講義を視聴できれば、
黒板に文字を書きながら説明してくれるので、 イメージが沸きやすく学習効果が高くなります。
(外で勉強する場合は、CD講義でも良い。)


★通信教育専用に収録してある講義である事
教室での講義をそのまま流す通信教育があります。
しかし、それだと講師と距離感が出てしまい、 臨場感がまったくなく、
学習効果が下がってしまいます。

また、実際の生徒の声や雑音が入る事もあるので、 勉強に集中できません。


★ハイビジョン撮影している講義である事
画面を通じで講義を視聴した場合の欠点は迫力に欠けることです。
迫力のない講義だと、勉強に集中できず、見ていて眠くなります。

しかし、ハイビジョン撮影していれば、講義に臨場感が出て、 まるで一対一の講義をしているかのような勉強できます。
その結果理解も早くなり、格段に学力を上げる事が出来るのです。


★テキストはフルカラーである事
テキストで重要なのは、淡白でないことです。
白黒のテキストだと、勉強のやる気が起きず、記憶にも残りにくくなります。
ですが、フルカラーになっていれば、勉強がわかりそうな印象になり、 やる気が起きます。
また、記憶にも残りやすくなると大脳生理学で証明されています。


★質問に対応してくれる事
実際の学校でも勉強がわからなくなれば、質問して解決します。 通信教育もそれと一緒です。


★e-ランニングの学習システムがあること
E-ランニングとは、インターネット上での学習システムの事です。
良くあるのは、インターネット上で問題が解けたり、カリキュラムを組めたりする機能です。
特に勉強が苦手な方には有効な学習方法となります。


とりあえず、このようなポイントがしっかりとしていれば、 良い通信教育だと言えると思います。

ここで、思い出して欲しいのですが、通信教育の選ぶポイントは、
客観的に判断できる材料だと言いました。

もしここで、テキストや講義の内容を書けば、それは主観的な判断で、客観性はありません。
それに通信教育は、受講してみなければ内容はわかりません。

ですから、上記のような客観的に判断できるポイントで選ぶ必要があります。

>>受講料と通信教育の質は関係ない?