何故通信教育なのか?

予め誤解のないように申し上げると、闇雲に通信教育が良いと言っているわけではありません。

行政書士の受験者の属性を考えれば、通信の方が学習しやすい環境の人が多いからです。

このサイトを見てくれているあなたもそうだと思いますが、
行政書士受験者の多くは、仕事をしている社会人です。
ということはかなり制約された中で学習しなければいけないので、
少ない時間でポイントを絞って学習する必要があり、
そのためには、通信がベストなのです。

これが通学だと、毎週決まった時間に教室に通学して、
そこで覚えた事を自宅でも学習しなければいけません。
その上、学習量が多くなるカリキュラムが組まれていることが多いので、
余計に学習時間が必要になります。

果たして、そのような状況で、
時間がない社会人が長期間学習を続けられるでしょうか?

多分、本業の仕事が忙しくなれば、勉強はそっちのけになり、挫折すると思います。

もちろん、社会人でも時間に余裕があり、受講料が高くても良いなら、
通学しても良いと思います。
それなら、もしろ通学した方が合格の可能性が高まるかも知れません。

しかし、行政書士試験を自ら受験しようとしているくらいのアクティブな方の大半は、
忙しい時間をやりくりして、合格を目指すのです。

後は、あなた自身が今の生活環境やお財布と相談しながら決めて下さい。

本気で行政書士試験に合格したいのなら、
どちらの勉強法を選択しても合格できると思います。

>>通信教育は必要か?