通信講座と通学の違い

カリキュラムがより絞られているのが通信講座

通信講座と通学の違いは、簡単に言ってしまえば、教室で学習するか教室以外で勉強するかで、プロの講師から直接指導を受けると言う意味では同じです。

しかし、学習のカリキュラムや教材の作りは若干異なります。
というのも、通信講座の場合、通学と違い強制的に学習する環境にないので、学習量が多くなると挫折する傾向にあり、通信講座の方が、より出題ポイントを絞ってカリキュラムが組まれています。

対して、通学の場合、ある程度講義数を増やさなければ、受講料は取れないので、学習量が多くなる傾向にあります。

どちらが良いか悪いかは一概に言えませんが、現在の行政書士試験を考えれば、出題ポイントを絞った方が合格しやすいと感じます。
何故なら、学習量が多くなればなるほど、挫折者が増えますし、現実に行政書士の受験者の多くは挫折していくからです。

講座の中身をきちんとチェックしましょう

しかし、本当に問題なのは、通信講座が良いとか通学が良いとかでなく、それぞれの性質に合わせたカリキュラムや教材が用意されているかなのです。
例えば、通学(予備校)が行なっている通信講座は、通学の学習をそのまま通信講座にもってきています。
それだと合格以前に学習を終わらせる事自体厳しくなります。

また、受講料の違いもないので、それなら通学してしっかりと学習するべきなのです。

もちろん、それは通信講座にも言えることで、通信講座という教育機関でありながら、講義もろくに付いていない通信講座もあるくらいです。
それだと独学と差がなくなるので、高いお金を出して受講する必要はありません。

つまり、通信講座が良いか、通学が良いかはそれぞれの生活環境の違いがあるので何とも言えませんが、自分の行なう学習スタイルに最適な環境を整えてくれる教育機関を選ぶべきなのです。
ですから、このサイトでは失敗しない通信講座選びを詳しく解説しております。