行政書士の仕事と報酬

業務の報酬はそれぞれの行政書士が自由に設定

行政書士の業務に対する報酬額については、日本行政書士会連合会のホームページにも、「各行政書士が自由に定め、事務所の見やすい場所に掲示すること」と記載があり、それぞれの行政書士が自分の裁量で自由に設定できることになっています。

定期的に報酬額の統計調査なども行われていますが、インターネットの普及によって各行政書士が受ける報酬額が容易に比較できるようになったこともあり、最近では報酬額が全体的に下がってきているという話もあります。とはいえ、建築業の許可申請や会社の設立手続きなど、1件の業務で平均10万円以上の報酬を得られる業務も多く、営業努力をすればするだけ、頑張れば頑張るだけ、収入を増やすことのできる仕事だということができるでしょう。

行政書士の収入には波がある

行政書士事務所などに所属して月給制で働いている場合を除き、基本的に行政書士の収入は、例えば法人設立業務を1件で10万円などというように、業務を受けてそれをこなすことで報酬のかたちで得ることになります。仕事が多ければ収入も増えますが、仕事がなければ当然収入はゼロです。

弁護士や税理士、社会保険労務士などの仕事では、顧客との間に顧問契約を結べば、毎月定期的に安定した収入を得ることができます。
しかし、行政書士の場合は、継続したりリピーターが発生したりする仕事はさほどありません。収入は業務をこなした分だけの報酬になります。

ですから、例えば月に100万円の売り上げが欲しいと思ったら、10万円の業務を10件受注できるような営業活動も同時にしなければならないわけです。

行政書士としての報酬以外の喜び

報酬について、ここで1つ補足をしたいと思います。
行政書士の仕事は、依頼者の困りごとを解決して報酬をいただくことができ、しかも、依頼者の喜びの声が直接届く仕事です。
これは報酬の多寡に関係なく、非常にやりがいを感じられる部分だと思っています。