行政書士の通信講座の合格率は?

講座ごとの合格率ではよしあしは比較できない?

これから、行政書士の通信講座を受講される方、その通信講座の合格率が気になると思います。
ですが、合格したかしないかは自己申告なので、どこの通信講座もわからないと言えます。

特に通信講座の場合、受講生の合否を確実に追いかける事は出来ませんし、フォーサイトは受講生にアンケートを取って合格率を公表しているらしいのですが、それでも全ての受講生ではないと思います。
ですから、各通信講座の合格率はわからない、もしくはフォーサイトしかわからないと言えます。(フォーサイトの合格率は公式サイトをご覧下さい。)

それではどのように行政書士の通信講座を選べば良いのかと言えませんが、こちらの通信講座の選び方をご覧下さい。
どのような事に注意して通信講座選びをすれば、良いのか、わかりやすく解説しております。

また、合格率に関しては、どれが受講生が真剣に学習するかにもよるので、それほど当てにしなくて大丈夫だと思います。
資格の場合、大学受験とは違い、全員が全員本気で学習するわけではなく、たまたま受講生が本気で学習すれば合格率が高くなりますし、学習しなければ合格率が比較なります。合格率が良いから、良い教材とか、自分も合格できるとかではありません。

本人が本気で合格したいと思えば、どんな教材でも合格できると思います。

良い通信講座を受講して確実に合格する

しかし、合格しやすい通信講座というものはあります。
その選び方は、このページで紹介しておりますので、そちらを参考にすれば良いのですが、要するに客観的な視点で選ぶ事なのです。
口コミやその人の意見も良いですが、いくらでも情報操作できますし、その人が良いからといって、それが良いとは限りません。

良いと言われている通信講座でも、それと同じくらい駄目だといっている方もいるのです。
ですから、誰がどうみて同じ評価ができるポイントで選ぶべきでしょう。