大原の行政書士講座の特徴

大原

テキストについて

大原のテキストは、比較的的中率が高いと言われており、出題範囲が広い行政書士試験でも、わかりやすくポイントをまとめております。
但し、テキストは手作り感が強く、白黒なので記憶に残りにくいデメリットもあります。

それでも、無駄な学習をする必要はないので、中身に関してはおすすめ出来ます。

講義について

大原の講義は、教室のライブ講義を収録したものなので、臨場感・迫力にかけてしまいます。
大原の口コミを見ると、講師の鼻をすする音やセキをする音、講師によっては良く聞き取れないという事も言われており、講義に集中出来ないという方もいます。

ですので、講義に関しては、通信専用に撮影したものが、不可欠だと言えます。

サポートについて

大原のサポートは、質問受付、自習室の開放、再受講の割引など、一通りのことはおこなってくれます。
特別、手厚いサポート言えるかわかりませんが、それで十分だと感じます。

受講料について

大原も通学をベースとした予備校ですので、受講料は通常の通学とほとんど変わりません。
どのコースを受講するかで金額は違いますが、一から勉強するとなると、15万~20万は用意してほしいと思います。

大原公式サイト