行政書士の教材ランキング(とにかく、合格できるかが順位の基準)

ためになるテキストとは

行政書士の教材は、「ただ安い順」だとか「ただ有名な順」だとかではなく、「お初に受験勉強に乗り出す」いわば「初学者」が、行政書士試験に受かるために役立つ教材を選択してください。

行政書士の教材も毎年大量に出されています。とはいえ、どの教材も、る出版社なんかのWebサイトに行ってもいいことばかり書いてあるので鵜呑みにしていいか迷ってしまいますよね。
行政書士の教材を、まとめて比較したりランキング化して順位づけしたりしているサイトは、意外なくらい見当たりません。

世間でよく話題になる教材は、だいたいは合格者がよく使っている教材で、それだけでも自然とわかりやすくつくられていることは明白です。

同時に、弱点等も説明しています(たくさんの利用者の意見を集めれば、自然と「自分にはうまくいかなかった」「ここが功だったらもっといいのに、と思った」なんて感想も当然見つかりますよね。それもしっかり拾った行政書士教材ランキングなのです)。

教材には向き不向きもありますから、どんな性格の人には向いているのか、特にどんな勉強をしたいときに効果が出る教材なのか、そんな点もできるだけ考慮しましょう。

合わない教材を選ぶと大変なことに

行政書士は微妙な難易度の試験です。適当に教材を選ぶと損をします(ひどい教材になると、大事な部分を飛ばして結論だけ書こうとするようなパターンをひたすら繰り返していることまであります)。
わかりやすくつくられているだけではなく、試験に出ている部分をがっちり(抜けなしで)説明している教材でないと、最後までやりまくったとしてもおそらく合格はできません。

それに行政書士の教材だって、テキストのほかに問題集や六法全書等もありますから、合わせるとけっこうな出費になります。合わなかったからといってちょくちょく買い変えていくわけにもいきませんね。

行政書士の教材を使う理由といったら、それは試験合格ひとつでしょう。
その目的のために「教材をどう使うべきなのか」「どんな勉強法をとるべきなのか」そこまで考えることができれば合格へ近づくでしょう。