行政書士 通信教育ランキング

人気の行政書士講座を徹底検証!

このランキングでは、客観的な行政書士の通信教育ランキングを付けるために、通信教育の選ぶポイントを踏まえて順位付けをしていきます。
項目は

  • 講義が視聴出来る事(DVD、パソコンなど)
  • 通信教育専用に収録してある講義である事
  • ハイビジョン撮影している講義である事
  • テキストはフルカラーである事
  • 質問に対応してくれる事
  • eラーニングの学習システムがあること

の6つで、1項目1点の6点満点と致します。

第1位 フォーサイト

 

foresight

  • 教材の質の高さ
  • 低価格
  • 高い合格実績
  • 受講料:51,480(税込)
講義が視聴できる
通信教育専用講義
ハイビジョン撮影
フルカラーテキスト
質問
Eラーニング

総評

今回紹介した通信教育の中では唯一の満点でした。

やはり、通信教育専門校だけあり、通信で合格させるための独自のノウハウがあるようです。
口コミや様々な意見を見ていると、挫折しないで最後まで勉強できるという声が非常に多かったですね。

最短で最小の知識で合格を目指すなら、フォーサイトがおすすめです。

合格主義にこだわっているので、様々な知識を詰込むのではなく、出題されそうなポイントを絞り、無駄のない学習ができることから、最短の学習期間で合格できるのだと思います。
講義や教材の質が高く、面白いeラーニングのシステムも付いています。

私の個人的な意見を言わせてもらうと、テキストや講義の質の高さはもちろんですが、問題集に出題レベルが付いていて、とても勉強しやすいと思います。

教材の充実度を考えれば価格が安く、基礎や過去問などレベルにあったコースが選べます。

特にまったく行政書士の知識がない方にはおすすめですので、どの通信講座が良いのか迷っていれば、フォーサイトを受講してみて下さい。

フォーサイトの公式サイトはコチラ


第2位 LEC

lec

  • 資格学校としての実績
  • カリキュラムの精度の高さ
  • 豊富な講座数
  • 受講料:195,000円(通信/Web(スマホ+音声DL付))
講義が視聴できる
通信教育専用講義
ハイビジョン撮影×
フルカラーテキスト×
質問
Eラーニング×

総評

通信教育専門校ではないものの、2位に入るということは、それだけ学校としてのレベルが高いのでしょう!

口コミでは、学習量が多い、講義映像に迫力がないなどと言う声もありましたが、学習内容はかなり充実して、深く知識を定着させられます。

また、カリキュラムの精度も高いと感じます。もし、DVD講義について気になるのなら、通学してみるのも良いと思います。

受講料は通信とほとんど変わりませんし、生のライブが聴けるので、通信と一味違った学習が出来るはずです。

LECの公式サイトはコチラ


第3位 TAC

tac

  • 資格上場企業としての実績
  • 充実したフォロー体制
  • 受講料:236,000円(プレミアム本科生/Web通信講座)※早割キャンペーン前価格
講義が視聴できる
通信教育専用講義×
ハイビジョン撮影×
フルカラーテキスト×
質問
Eラーニング×

総評

通信講座というより、通学講座がメインで、歴史ある資格学校です。
通信教育としての評価は2点でしたが、それでも長年の実績や歴史は、他の学校にひけを取りません。

勉強したところをしっかり理解できているか、毎回確認テストをしていくので、確実に知識を定着していけますし、科目ごとの答案問題も用意されているので、自分の弱点を常に意識する事も出来ます。

充実した内容の教材とサポートには定評があり、今まで多くの合格者を輩出してきました。

通学がメインなだけあり、価格は高いですが、豊富な知識を確実に習得する事ができますので、たっぷりと時間を使っても合格したい方におすすめです。

また、本番さながらの全国模試も行なわれ、本試験対策も行なえます。検討の余地はあると思います。

TACの公式サイトはコチラ


第4位 大原

ohara

  • 専任講師制を導入
  • 充実したフォロー体制
  • 資格学校としての実績
  • 受講料:184,800円~(税込)
講義が視聴できる
通信教育専用講義×
ハイビジョン撮影×
フルカラーテキスト×
質問
Eラーニング×

総評

TACと同立の3位になります。大原に限らず、他の学校もそうですが、通信教育専門校ではないので、どうしても点数が低くなります。
しかし、通学校としてのレベルは高く、合格させるためのカリキュラムもしっかりとしています。

専任講師体制や主題範囲を絞った学習、質問受付など、合格させるための体制を整っております。
口コミでは、講義がわかりにくい、教室講義をそのまま撮影しているだけので、聞き取りにくいなどの意見もありましたが、学校としての信頼性は高いと思います。

大原の公式サイトはコチラ


第5位 ユーキャン

ucan

  • わかりやすいテキスト
  • 知名度の高さ
  • 低価格
  • 受講料:63,000円(税込)~
講義が視聴できる×
通信教育専用講義×
ハイビジョン撮影×
フルカラーテキスト×
質問
Eラーニング×

総評

資格の通信講座といえばユーキャンというほど有名で、学校というより教材販売といったイメージです。

テキストはフルカラーではありませんが、2級刷りになり、イラストや図表を使ってわかりやすく解説していますし、インターネット掲示板も用意され、ユーキャン独自の工夫がなされています。

はじめて行政書士の学習をする方に丁寧に作られているテキストが好評で、無理なく学習を進めていける印象です。

もちろん、サポートもしっかりとしているので、初級者におすすめの通信講座です。

はじめて、行政書士の勉強をする方の入り口として、非常に良い通信教育だと感じます。

ユーキャンの公式サイトはコチラ

foresight_gyosei