独学で受かる人とは?

独学を始める前に環境を見直しましょう

行政書士に独学で受けたいと思ったら、それを合格まで続けられる人と続けられない人の違いがあることを認識してほしいものです(今から書いていきますが)。
これには、費やせる勉強時間の長さも関係してきますが、勉強に入る前に自分を客観的に見つめる機会を設ける必要があります。

行政書士の独学で合格を見事にやりとおせるのはところでいったいどんな人たちでしょうか。

行政書士を完全な独学だけで、それも1年目の独学で合格できそうなのは、行政書士の勉強内容に目はしが利くような人たちでしょう。

法律の勉強をしたことがある人

法律の勉強といっても、大学の法学部を卒業しているくらいでは物足りません
たとえ「旧帝」レベルの法学部出身でも、です。

法律の資格を持っていたり、そのための勉強に打ち込んだりしたことがあるくらい法令に接していないと意味がありません。

行政手続等を仕事等でよくやっていた経験を持つ人

行政手続については、公務員として勤務で従事していたような場合や、何らかの組合や団体、あるいは一般企業でもかまいませんが、官公署等へ提出する手続き等を、書類作成や法規則にもとづいた手順まで頻繁に経験して、熟知しているような場合が理想となります。限られた手続きについて詳しい程度では足りません。

公務員がかつて、退職後等に行政書士の資格を取っていた例が多かったのはそういった事情も関係しています。

上記のような特別な経験を持たない多くの志願者たちが、行政書士に完全な独学で受かろうと思ったらどんな条件が望ましいでしょうか?

  • 毎日たっぷりとした勉強時間(たとえば、1日8時間くらいの勉強を週に5日)をかけられる、あるいは1年以上でも勉強時間をかけられる、といった境遇にいる人

仕事をしている人であれば、そんなに時間をとることはできないでしょう。
主婦(夫)の場合だったら勤務はしないでしょうが、家事はたいへんですし子供がいれば育児に時間をとられます。

学生の場合も、学業をおろそかにできる例はそんなに多くはないと思われます。

仕事や学業、家事や育児等にとられる時間がほとんどない人はこうしてみるとなかなかいないようですが、一部の主婦や学生、一部のフリーターや失業者(失業中では、独学する時間はあっても行政書士合格までに
何年もかけるわけにはいかないでしょうが)が、あてはまるといえるかもしれません。

全くの未経験では独学は厳しい

行政や法に関する知識や経験もなく、勉強する時間も毎日大量にとれるわけではない多数派の受験者にとっては、完全な独学での行政書士合格は難しいことになります。

残りのページでも書きますが、家での勉強に追い風が吹くような勉強法をよく意識して臨むことが大事になってくるでしょう。